春の代表的な食材で筍があります。筍を使った料理を紹介します。
『筍の木の芽和え』です。まず、下処理した筍を追い鰹をした八方出汁で炊いておきます。その間に木の芽味噌をつくります。木の芽味噌は一般的には玉味噌に木の芽と青寄せ(ほうれん草でつくる色粉)を混ぜるのですが、『喜楽』ではお庭に山椒の木があるので、木の芽がたくさんとれるので、玉味噌と木の芽だけでつくります。それで一般的な物よりも木の芽の香りがします。
その木の芽味噌と炊いた筍、烏賊を和えて出来上がりです。